NEWS

2012/9/25
タブレット端末表示に対応しました。

2012/2/27
Google+、facebookに対応しました。

2011/5/7
新webサイトをオープンしました。

2011/5/7
連絡用メールアドレスが新しくなりました。


当店webサイトはリンクフリーです!

クコの苗木

 

はじめに

畑や家庭菜園、鉢植えやプランターでクコを栽培してみませんか??
クコはとても強健な植物なので、誰でも簡単に育てられるとともに、無農薬栽培にも向いています。
実と葉は薬膳料理にもよく使われていますが、野菜としては、ビタミンPの一種である「ルチン」を多く含んでいます。
クコは生育も旺盛で、春先には小さかった苗が晩秋には大きく育ち、真っ赤なクコの実を沢山つけてくれます!
お庭や畑に、少量でも是非とも植えておきたい植物です!

・クコはナス科の低木植物です。
・日本や中国以外にも北米など意外な範囲にまで分布を広げています。

クコについてもっと詳しく! ウィキペディア該当ページへ

クコの苗クコの実晩秋のクコ

 

クコの食べ方、楽しみ方

クコ酒:実を採取し焼酎1升にクコの実500gの割合で入れて2ヶ月程で完成。

クコ茶:葉を乾燥させる。葉20gに水500ccを加え、水が200cc程になるまで煎じお茶として飲む。

クコの実の薬膳料理:クコの実を2週間ほど天日干し。乾燥した実をお粥やスープ、麺類に。

クコの葉の薬膳料理:クコの葉を2週間ほど天日干し。炊込ごはん、ごま和え、おひたしなどで。

クコ料理についてもっと詳しく! COOK PADの投稿レシピへ

商品紹介

・クコの苗木は現在「売切れ」です。
・予約受付、販売の再開は本ページで改めて告知致します。
【出荷時期】周年発送

 

当農園で取扱う“豊産クコ苗”はホームセンターなどでたまに見かけるポット苗とは違い、以下の特徴があります。

@実も葉も大きい
A生育が旺盛
Bトゲが小さい


苗木の販売

在庫状況
@クコ苗木

◆2本=1,400円 
◆3本以上は @650円 
◆10本以上は @600円 

売切れ

数量限定のため、大口注文の場合はご相談下さい

梱包時に枝を15cm程に切詰めて発送しますので、箱はコンパクトです。送料をなるべく抑えています。
   
 

ご注文&ご予約

生育&発送サイクル

 

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月

発送時期

(植付・移植適期)

発 送 は 周 年 可 能 で す
生育状況 発芽 成長肥大期 結実 枯葉・休眠期間
予約 ご 予 約 も 周 年 可 能 で す

 

ご注文・ご予約は以下のフォームに内容を記入し、メールまたはFAXにてお送りください。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここから・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【クコの苗木を注文/予約します】

■ご氏名:

■郵便番号:

■住所:

■電話番号:
(郵便局から代引き配送時に連絡が行きます)

■メールアドレス:

■種苗名:(例:@クコの苗木)

■数量:(例:2本)

■品代総額:(例:1,400円)

■連絡事項:

 

・・・・・・・・・・・・・・・・ここまで・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

メール jiyou@tane4u.com

ご注文内容を確認後、代金引換金額(商品代金、配送料、代引手数料)をメールでご連絡致します。

 

FAX(専用) 0296-48-8355

受付時間:8:00〜18:00まで/夜間送信はご遠慮願います。

 

お支払い、配送について

・お住まいの地域までの配送料(600円〜)がかかります。
・苗木をご注文の場合、お支払いは基本「郵便局の代金引換サービス」です。代金引換手数料(250円)がかかります。
・郵便振替(振込)でのお支払いを希望の方は、ご注文時にメールでお申し出ください。お振込確認後、通常の「ゆうパック」にて商品発送致します。※そのため商品到着までお時間はかかります。

栽培方法

クコは非常に強健な植物です!植付の失敗はまず無いので、ご安心ください。

以下は栽培方法を簡単にご紹介。

苗木の植付について

冬季の場合:積雪や凍土となる地域では春まで鉢植えにして室内に置き、春になったら地植えします。

それ以外の季節の場合:水はけの良い土にごく少量の肥料を混ぜて耕し、苗の根をしっかりと埋めこみ、水を与えます。移植すると葉は一旦枯れますが、充分に定着した後に新芽が出てきます。猛暑期の植付は1週間程度日傘などで日陰を作ってあげてください。

 

施肥やお手入れについて

施肥:冬季に堆肥(または油粕)を少々、夏季に野菜用化成を追肥すると育ちが良くなります。

枝の剪定:支柱を立て主幹を太く育てるようにします。4〜6月には脇枝が旺盛に伸びますが、これは切り取ります。7月以降に伸びる脇枝は切らずに花を咲かせると、ここに実が付きます。

葉について:6月以降の葉は硬くなります。これを取ると柔らかい新葉がすぐに出てくるので。クコ茶用の葉に向きます。

収穫:実の収穫は生育度合い、気候にもよりますが晩秋(10月)以降です。

 

その他ご参考

■クコの料理レシピ

COOK PADの投稿レシピへ

▲ページトップへ